中村 真太郎
代表取締役CEO

■Profile/1983年東京都大田区生まれ。各種イベントや常設展示のインテリアのコンセプト設計から、デザイン、美術造作、内装施工、オブジェ制作まで、3Dプリンターからレーザーカッターなど様々なツールと技法を用いて、AtoZで対応するクリエイター。その他にも、日本の伝統芸能である水引の長所を引き出した工芸品の創作など、様々な人やモノの個性を活かしたものづくりを得意とする。

■略歴/2010年より美術特注品を製造するクラフト工房に入社。様々なプロジェクトにディレクターとして参画し、特注品製作の上流から下流までの一式の経験を積む。2017年、作家や職人などのつくりてと、地域住民とのコミュニケーション創出の場として、体験型のスペースである、ものづくりワークショップスペースQOOCANをオープン。同年 、一般社団法人大田観光協会大田オープンファクトリー(OOF)に参画。2019年、地元大田区のものづくり創出施設KOCAへ参画。同年、企業や個人の長所を繋げることで世の中に新しい価値を提供する仕組みづくりに取り組むための企業体、株式会社ケント・チャップマンを創業。麻布十番ELE TOKYOファサードディレクション、羽田イノベーションシティ(HICity)稲穂照明製作ディレクションのほか、LaLaportやVenusFortのイベントなど実績多数。

メディアデザインアドバイザー

オンライン・オフライン双方のメディアビジネス経験を積み、デジタルを起点としたキャンペーンプロモーションの企画立案に先駆的に取り組む。カスタマー視点と企業側のKGI・KPIに応じたオンオフ統合メディアプランニングの設計・立案を得意とする。

現在は様々なベンチャー企業や大企業の新規事業を担当し、多彩なマネタイズポイントの企画・開発に取り組むなど、事業全体の成長をデザインしている。

ストラテジーアドバイザー

経営コンサルタントとして、通信サービス系企業の業務効率改善や競合企業との差別化戦略、新規事業の戦略立案等を中心に担当。コンサルタントの領域を超え、新規事業の立ち上げにも参画し、パートナー企業とのアライアンス等を主導。

現在はさらに活動の幅を広げ、大企業に向けた新規事業開発コンサルやスタートアップと協業した新しいビジネスモデルの構築を進めている。

マーケティングアドバイザー

デジタル専業代理店時代には、金融、人材、自動車、ITサービス等のクライアントのデジタルトランスフォーメーションやマーケティング戦略立案を担当。

現在は領域にとらわれることなく、マーケティングプランナーとして、オンラインからオフラインまでの幅広い知見を活かした事業コンサルティング・マーケティング戦略立案を中心に、プランニングからエグゼキューションまでを一気通貫して担当している。

T. A.
ビジネスフォトグラファー

主にファッション雑誌、人物、ロケ撮影、などのファッションよりな撮影から、政治家の撮影、アーティストの撮影、スポーツ撮影と幅広い撮影実績。

カメラマンを本業とする傍ら、イギリスの大学を卒業し、グローバルビジネスを展開する事業家としても活躍中。

クライアントの課題を事業レベルから理解をして、カメラワークに反映することを持ち味とするビジネスフォトグラファー。

E. N.
クラフト作家

素材を問わず、独自の技法でクラフト表現を模索するクラフト作家。日本橋三越やVenusfortなど、空間演出分野のものづくりも独自のアプローチでカタチにする。

近年は水引をつかった表現に重点をおき、アクセサリー製作はもちろん、照明シェード、パーテーションなどの大物作品にも取り組んでいる。

T. N.
エクステリアデザイナー

Kimidori garden(キミドリガーデン)主宰。東京と滋賀を拠点に、個人邸の庭のプラン設計やデザインをおこなっている。

近年は、フラワーやグリーンを生活に落とし込んだ装飾品として、スワッグ、苔アートなどの作品制作に力を入れている。

A. S.
チャイルドマインダー

女子美術大学卒。チャイルドマインダー資格保持。自社運営のワークショップスペース クーカン 内のワークショップカリキュラム作成や、在宅育児教育に関する様々な活動を行っている。