KENT CHAPMAN|株式会社ケント・チャップマン

Bussiness

社会・企業・個人などの様々な視点から、クライアント企業の様々な課題を捉え、実行力を持って解決いたします。
各種コンサルティングサービス、クリエイティブ・プロモーションの他、内装・インテリアの開発・施工やプロトタイピングまで、世の中のタレントを結集したギルド型の少数精鋭チームで対応いたします。

Consulting Service
経営コンサルティング
組織開発・人材開発コンサルティング
コーポレートブランド戦略
インターナルコミュニケーション戦略など
事業開発コンサルティング
新規事業開発
サービス開発
セールス戦略など
マーケティングコンサルティング
商品・サービスブランドの戦略立案
広報戦略の立案
インフルエンサーマーケ戦略の立案など
Creative Service
グラフィック企画・制作
動画コンテンツ企画・制作
ウェブサイト企画・制作
プロモーション
イベント企画・実施
特殊内装の企画開発施工
特殊美術製品の企画開発製造
NC家具什器の企画開発製造
マイコン制御美術装置の企画開発製造
3DCAD設計業務
3Dスキャン/3Dプリント/レーザー加工業務
各種クリエーティブ開発
各種プロトタイプ製作

Partners

Philosophy

【設立の背景】

 日本経済は大企業を中心として、その傘下に中小企業を抱え、分業化を進め発展してきましたが、今日では諸外国の安価な労働力と技術発展により、相対的に価値が希薄化しております。

 そのような状況下では、これまでのような受注型ビジネスではなく、世の中のニーズを捉え、自らの技術やサービスを他社との連携を通じて増幅させ、新たな価値を創り出す事業展開が求められます。

 社名「ケント・チャップマン」の由来は、つくる人を意味する「ケント」と、ニーズを掴む行商人を意味する「チャップマン」から成り立ちます。「ニーズをカタチにする。」をミッションとし、世の中の様々なニーズを捉え、企業やプロフェッショナルのポテンシャルを活かした製品やサービスを創出していきます。

 みんなが活かされるからこそ、みんなが必要とされる世の中になる。そのような未来を描いて、当社は歩み続けます。

Vision

みんなが必要とされる世の中へ。

Mission

ニーズをカタチにする。
ニーズの発見。カタチの実現。

Value

“創作精神” “互恵精神” “バランス感覚”

About us

設立 2019年7月3日
代表者 中村真太郎/大久保祐介
資本金 3,000,000円
取引銀行 みずほ銀行大井町支店
目黒信用金庫不動前支店
城南信用金庫立会川支店
住信SBIネット銀行法人第一支店
所属団体 東京商工会議所品川支部
おおたオープンファクトリー
川崎市PPPプラットフォーム
事業内容 広告代理業及び各種の宣伝に関する業務並びにそれに関連するコンサルティング業務
美術特注製品、特注照明器具に関する仕入、企画、設計、製作及び販売
ディスプレイに関する展示機器、演出装置、室内外装飾用品等の仕入、企画、設計、製作及び販売
クラフト製品、衣料品、衣料雑貨品、装身具、鞄、時計、文房具の仕入、企画、設計、製作及び販売
各種模型、複製品、造型物、図表類、映像、音響その他制作物の仕入、企画、設計、製作及び販売
空き家、古民家などの再生・流通・利活用等に関する業務並びにその運営
本社所在地 東京都品川区南大井4丁目6番7号
スタジオ 東京都目黒区下目黒3丁目8番6号1F
ブランチ 東京都大田区大森西6丁目17番17号

Member

中村 江美/作家

 1983年秋田県由利本荘市生まれ。素材を問わず、独自の技法で制作する作家。日本橋三越や台場ヴィーナスフォートなど、都内主要空間などの特殊美術装飾の制作をはじめ、空間演出分野のものづくりにおいて、デザイナーやプロデューサーなど多方面からオファーをうけ活躍中。近年は水引をつかった表現に重点をおき、アクセサリー製作はもちろん、照明シェード、パーテーションなどの大物作品にも取り組んでいる。また、水引のもつ魅力はもちろん、産地が抱える諸問題を広く認知、再確認してもらいたい思いから、メディア露出も積極的におこなう。TV:日テレ ぶらり途中下車の旅、テレ朝 じゅん散歩、MXTVうたなび、BSテレ東 バカリズムの30分ワンカット紀行/新聞:読売新聞/生け花業界紙:いけばな小原流「挿花」/フリーペーパー:TOKYO METRO NEWS/WEB:おでかけトヨタ、日経DUEL、DIY FACTORY 、おでかけ情報 ちくわ、etc……ほか多数

■TOKYO MIZUHIKI|東京水引/主宰作家
■株式会社ケント・チャップマン/作家
■QOOCAN(クーカン)|目黒不動前のものづくりワークショップスペース/主宰講師
■創作クラフトワークブランド「Choocho」/クラフト作家

大久保祐介/代表取締役

 1983年東京都大田区生まれ。大阪大学卒業後、株式会社電通へ入社。主に外資系世界最大の食品会社を担当。マーケティング戦略立案、ブランド開発、各種クリエイティブ制作(動画、グラフィック、Web等)、イベント企画・運営など企画~実施までマーケティング領域を幅広く担当。その後、電通デジタルに出向し、主に代理店競合案件に参画する専門部隊として活躍。電通帰任後は、スタートアップ専門対応組織「電通グロースデザインユニット」立ち上げ等を経て、同社を退職。
 その後、FinTechサービスをグローバルに展開するスタートアップのGlobal Mobility Service Inc.にて、執行役員としてマーケティング・広報・人事・総務・知的財産など幅広く管掌。いわゆる社外に向けたマーケティングや広報だけに留まらず、企業価値向上を目的に、財務担当と連携を取りながら戦略的なコーポレートブランディングを持ち味とし、社内のコミュニケーションを活性化させ社員の価値発揮を最大化させるインナーブランディングにも先進的に取り組む。2019グッドデザイン金賞、第2回オープンイノベーション大賞経済産業大臣賞など受賞。
 自分の価値を社会に対して最大限に発揮したいという思いから、株式会社ケント・チャップマンを設立。取り組み例として、上場企業の事業コンサルティングの他、Inclusion Techスタートアップやものづくりベンチャーの顧問、地方創生のために中小企業(外食、水産他)などに対する各種コンサルティングなどに取り組む。2022年1月より同社代表取締役に就任。
 その他の活動として、知的障がい者の自立支援施設を営むNPO法人 ダックスの運営や、一橋大学、大阪大学、甲南大学、福山市立大学などの教育機関にてマーケティング等講義にも取り組む。

中村 真太郎/代表取締役

 1983年東京都大田区生まれ。各種イベントや常設展示のインテリアのコンセプト設計から、デザイン、美術造作、内装施工、オブジェ制作まで、3Dプリンターからレーザーカッターなど様々なツールと技法を用いて、AtoZで対応するクリエイター。様々な人やモノの個性を活かしたものづくりを得意とする。
 2010年より美術特注品を製造するクラフト工房に入社。様々なプロジェクトにディレクターとして参画し、特注品製作の上流から下流までの一式の経験を積む。2017年、作家や職人などのつくりてと、地域住民とのコミュニケーション創出の場として、体験型のスペースである、ものづくりワークショップスペースQOOCANをオープン。同年 、一般社団法人大田観光協会大田オープンファクトリー(OOF)に参画。2019年、地元大田区のものづくり創出施設KOCAへ参画。同年、企業や個人の長所を繋げることで世の中に新しい価値を提供する仕組みづくりに取り組むための企業体、株式会社ケント・チャップマンを創業。麻布十番ELE TOKYOファサードディレクション、羽田イノベーションシティ(HICity)稲穂照明製作ディレクション、上野動物園新表門門柱製作ディレクションのほか、LaLaportやVenusFortのイベントなど実績多数。

マーケティングアドバイザー

デジタル専業代理店時代には、金融、人材、自動車、ITサービス等のクライアントのデジタルトランスフォーメーションやマーケティング戦略立案を担当。

現在は領域にとらわれることなく、マーケティングプランナーとして、オンラインからオフラインまでの幅広い知見を活かした事業コンサルティング・マーケティング戦略立案を中心に、プランニングからエグゼキューションまでを一気通貫して担当している。

クリエイティブディレクター

メーカーのインハウスデザイナーを本業とする傍ら、グローバルビジネスを展開する事業家としても活躍中。
クライアントの課題を事業レベルから理解をして、デザインに反映することを持ち味とする。

メディアデザインアドバイザー

オンライン・オフライン双方のメディアビジネス経験を積み、デジタルを起点としたキャンペーンプロモーションの企画立案に先駆的に取り組む。カスタマー視点と企業側のKGI・KPIに応じたオンオフ統合メディアプランニングの設計・立案を得意とする。

現在は様々なベンチャー企業や大企業の新規事業を担当し、多彩なマネタイズポイントの企画・開発に取り組むなど、事業全体の成長をデザインしている。

ストラテジーアドバイザー

経営コンサルタントとして、通信サービス系企業の業務効率改善や競合企業との差別化戦略、新規事業の戦略立案等を中心に担当。コンサルタントの領域を超え、新規事業の立ち上げにも参画し、パートナー企業とのアライアンス等を主導。

現在はさらに活動の幅を広げ、大企業に向けた新規事業開発コンサルやスタートアップと協業した新しいビジネスモデルの構築を進めている。

T. N.
エクステリアデザイナー

Kimidori garden(キミドリガーデン)主宰。東京と滋賀を拠点に、個人邸の庭のプラン設計やデザインをおこなっている。

近年は、フラワーやグリーンを生活に落とし込んだ装飾品として、スワッグ、苔アートなどの作品制作に力を入れている。

A. S.
チャイルドマインダー

女子美術大学卒。チャイルドマインダー資格保持。自社運営のワークショップスペース クーカン 内のワークショップカリキュラム作成や、在宅育児教育に関する様々な活動を行っている。

Contact

■お名前 (必須)

■組織名 (任意)

■お電話番号 (任意)

■メールアドレス (必須)

■お問合わせ内容

■ファイル添付(任意)※5MBまで